ボトックス注射をすることで

ボトックス注射をすることで、小顔効果を得ることができるといいます。ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から抽出されたたんぱく質の一種で、筋肉に作用してその動きを麻痺させる効果があります。目もとやみけんにできるしよは、筋肉が繰り返し動くことで、できているものです。しかし、ボトックスを注射すると、筋肉の収縮を弱めてシワができにくくなるのです。ボトックス注射には、小顔になるという効果もあります。人間の顔には、歯と歯をかみ合わせるための、咬筋という筋肉があります。えらの張った顔立ちとは、咬筋が強くなっている状態を指すことがあります。ボトックス注射をすることで筋肉を委縮させ、えらを目立たないようにして、小顔に見せることができるのです。ボトックス注射は、メスを用いる美容整形と異なり、施術をした当日にお風呂にも入れますし、普通にメイクをすることもできます。まれにボトック注射することで表情が硬くなったり、瞼が重くなったりする副作用が出ることがあります。ボトックス注射で小顔になりたいと考えている人は、信頼できる病院でしっかりと説明を受けた上で行うようにしましょう。ボトックス注射の影響は、時間がたつと元に戻ってしまいますので、一定期間をおいて注射を続けなければいけないこともネックの一つです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ