シミ取りにはぬり薬だけでなく飲み薬があり

シミ取りにはぬり薬だけでなく飲み薬があり、代表格はトラネキサム酸です。トラネキサム酸が使われ始めた頃は、止血に使うものとして認識されていました。肝班という種類のシミは、ホルモンバランスの関係でできます。これを、トラネキサム酸が改善する効果があるといいます。トラネキサム酸がシミ取り効果を表すのは、3カ月が目安になります。シミを解消するためには、トラネキサム酸を3ヶ月摂取し、3ヶ月休んだ後にまた3ヶ月飲むという飲み方をします。サプリメントで、シミ取りに有効な成分を摂取することで、肌を白くするという手段も存在します。多くの人が利用しているサプリメントには、ビタミンCや、ビタミンEのサプリメントがあります。様々なビタミンが一度に配合されているサプリメントは、日焼け後のお肌のケアに効果的です。ただし、ビタミン自体にシミ取りの効能があるわけではないので、サプリメントには即効性はありません。ですが、ビタミンを摂取することによってお肌の新陳代謝が活発になり、肌のシミの原因であるメラニン色素を体外に出し、新しいきれいな肌を作る効果があります。抵抗力アップ効果がビタミンには期待できるために、お肌にシミができないように作用する効果が期待されるといいます。美肌効果のあるクリームやサプリメントでシミを薄くするという方法がある一方、病院でシミを治療してもらうのも一つの考え方です。医療機関で処方されるものは、治療を目的にしたものなので、効果が早い段階で確認できるでしょう。皮膚科で診察してもらうのも、シミ取りの方法の一つです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ